最終更新:2010年9月28日

「農産物検査法」廃止を提言しました

 9月15日、民主党農水部門会議の3議員に「農産物検査法廃止の提言書」を提出しました。

 農産物検査法は昭和26年、旧食糧管理法により政府が農家から米を全量買い上げる際の検査部門として制定されました。平成7年に食管法が廃止された以後も、JAS精米表示のための根拠法として存続しています。

 しかし、食糧難からコメ余りへ、制定当時とは時代背景が大きく変化し、また新たに米トレサビリティ法が施行される状況下では、時代の要請に応えられず、消費者や生産者にとって不利益となった同法を廃止すべきです。

  ・「農産物検査法」廃止の提言
  ・JAS法『玄米及び精米品質表示基準』の問題点